中学受験と児童書と

「中学受験」と「児童書」について真面目に考え、気楽に吐き出す

手をかけすぎた子の落とし穴 『中学受験の常識・非常識』(樋口 義人)

これは少し古い本になるが、普遍性のある内容も少なくないぜ。

受かっても失敗になるケースはあるし、落ちても成功になることもある。

合否に関係なく、経験を糧にできるかは親の対応にかかっているってよ。

 

 あと面白かったのが、手をかけすぎた子は後で苦労するって話だな。

ママ塾や個別指導塾、家庭教師なんかが優秀すぎるとよ、

子どもの伸びしろを使い切っちまう恐れがある。

 

f:id:yuki-to-kaze:20210102205842j:plain

『中学受験の常識・非常識』(樋口 義人/KADOKAWA

 伸びた力でギリギリ合格なんて快挙やっちまうとよ、

そりゃ中学に入ってから大変な目に遭うわな。

特別な伴走者がいる場合、偏差値は少し割り引いて見た方がいいかもな。

 

同じ学校で、2/1合格者と2/4合格者を比較するって話も興味深いぜ。

後者の方が偏差値が高いにもかかわらず、入学後は前者に抜かれまくって

大学合格実績でも2/1合格者の方が勝るんだってよ。

 

どうも、熱望校じゃない学校にハンパな気持ちで通うと伸び悩むらしいぜ?