中学受験と児童書と

「中学受験」と「児童書」について真面目に考え、気楽に吐き出す

桜蔭中で出題『そらのことばが降ってくる: 保健室の俳句会』(高橋 克弘)

短歌や俳句なんかを扱う作品も中学入試で

出まくりだから、覚えとくといいかもな?

ちょっと思いつくだけでもこんだけあるし。

 

『南風吹く』(森谷 明子)

『私の空と五七五』(森埜 こみち)

『リマ・トゥジュ・リマ・トゥジュ・トゥジュ』(こまつ あやこ)

 

でもって今年の桜蔭で出たのがこの作品だ。

ほくろが気になって、マスクを手放せない

少年が同級生との交流で変わっていく話だ。

 

保健室の先生が言う大人にも役立ちそうな

ちょっとした習慣の話題が興味深かったわ。

 

子どもの頃にね、今日あったことで良かったことや人のためになることをプラス、反対のことをマイナスとして寝る前に書きだしてたの。一日のトータルがプラスになら自分をほめる。逆ならもっとがんばらなきゃって励ますのよ。

(本文より、養護教諭の言葉を要約)

 

bookmeter.com

『そらのことばが降ってくる: 保健室の俳句会』(高橋 克弘/ポプラ社