中学受験と児童書と

「中学受験」と「児童書」について真面目に考え、気楽に吐き出す

まだまだ使われそうな『大きくなる日』(佐川 光晴)

「ご両親から支持されていないと思ったら、子供が自分の力を伸ばせるわけがないじゃありませんか」(本文より)

 

2016年に出た優先度Aランクの旧作。

これはテキストや模試でお馴染みだろう。

 

入試でも忘れたころに出てくる作品だし

普通の新作より先に読んで損は無さそう

 

大人にもじんわりくるものがある本だが

子どもでも十分読めそうな易しい文章だ。

 

以下は俺が4年前書いたレビューの前半。

 

四人家族の横山家とその周囲の人びととの関わりが、9人の目線で描かれる短編集。幼児目線の第一話では戸惑いましたが、最終話ではその男児が立派な中3生に成長していて、暖かい気持ちになれました。魅力的な人物がとびきり多い作品ですよ。

 

『大きくなる日』感想・レビュー

 

(2016年発売)

【レベル別】中学受験生向け推薦図書(旧作42作品)