中学受験と児童書と

「中学受験」と「児童書」について真面目に考え、気楽に吐き出す

葛藤が心を射抜く『王様のキャリー』(まひる)

この俺が、わざわざお前のために嫌なこと我慢すると思うか?(本文より)

 

講談社児童文学新人賞の大賞受賞作だよ。

発売日は2ヶ月以上先の8月下旬ですわ。

 

eスポーツをめぐる友情を描いた新作だ。

 

ふだんは本に見向きもしない子たちさえ

振り向かせるような題材を扱ってるのに

頭の固い大人にも響くような物語だわ~。

 

やっぱ大賞作品ともなるとダテじゃない

 

問題文には主人公が自分自身の想像力の

足りなさを思い知る部分が特に使えそう。

 

場面的には、病院の前や教室での会話で

思わぬ流れになるところもいいだろうな。

親がかかわる会話にも注目シーンがある。

 

ネタバレ禁止なんでぼかして書いてるが

素材文適性はかなり高い作品だと思うよ。

 

難易度分類は平易でかな~り読みやすい。

出版社には以下のレビューを送ってある。

 

同情なんかじゃない。

哀れみでもない。

ただそうしたいから支えるんだ。

 

そんな主人公の心の声が

聞こえるようでした。

 

控えめで温和な中2男子が、

自己主張の塊のような少年との

関わりで思わぬ影響を受けていく

ストーリーです。

 

優柔不断だった主人公の

燃え滾る決意に胸を打たれ、

傲慢に見えた少年の

悲痛な叫びには心のど真ん中を

射抜かれました。

 

えげつないほど琴線に触れまくる

作品ですね。

 

ありありと浮かぶシーンの数々。

 

あこがれの配信者を前に

おたおたする主人公に笑いを誘われ、

ともに高みへと駆け上がるシーンでは

驚くほどワクワクが伝染してきました。

 

それだけ真に迫っていた。

 

だからこそ衝突シーンの迫力も

ラストの沁みかたも尋常じゃないんです。

 

心の奥までガツーンとやられました。

 

なんてハートフルなんだよぅ……

 

題材だけでなくユニークな友人関係も

目に新しい本作。

 

eスポーツを軽くみたり、

撃ち合うようなゲームに眉をひそめる

向きもあるとは思います。

 

けれど、まずは読んで欲しい。

 

食わず嫌いではなく、

彼らの歩みを見て、感じて、

この物語のすばらしさを

知ってもらいたい。

 

そう思わずにいられないほど

魅力の詰まった作品でした。

 

書影が出たら画像を差し替えます(8/20頃発売予定)