中学受験と児童書と

「中学受験」と「児童書」について真面目に考え、気楽に吐き出す

出題されるかもしれない新刊本(2022年12~2023年1月)

12月・1月は注目の作品が少ないな~。

オレが気づいてないだけかもしれないが、

いま判ってるのは以下の3作品のみだわ。

 

『エツコさん』(昼田 弥子)12/27発売

『だれもみえない教室で』(工藤 純子)1/26発売

『放課後の読書クラブ』(小手鞠 るい)1/30発売

 

しかもこれから読む本が多いもんだから、

たぶん中学入試に向かないのも入ってる

 

『エツコさん』はネットギャリーで先に

読ませてもらったんだが5年生あたりに

ピッタリな読みやすい作品だと感じたわ。

 

認知症のおばあさんと小学生の関わりを

描いてるんでテーマ的にはアリかもな?

 

あとの2作品は情報不足で何とも言えず。

 

ネタが少なすぎるんで2月の本も書くと

以下の作品が目下のところ気になってる。

 

『雪の日にライオンを見に行く』(志津 栄子)2/1発売

『つる子さんからの奨学金』(まはら 三桃)2/22発売

 

とくに期待してるのは『つる子さん~』。

まはら三桃はこのところ軽めの本ばかり

だったが久々に歯応えがあるのが来る?

 

『雪の日にライオン~』も、ちゅうでん

児童文学賞の大賞受賞作品だし要注目だ。

 

いま最も期待してる新刊本(2023/2/22発売予定)

 

発売済みで今後レビューしたい新作

『水底のスピカ』(乾 ルカ)

『給食アンサンブル2』(如月 かずさ)

『ひみつの犬』(岩瀬 成子)

『クイズ研究会チームスリー』(まはら 三桃)

『マスク越しのおはよう』(山本 悦子)

『きらめきを落としても』(鯨井 あめ)

『金環日蝕』(阿部 暁子)

初めての気持ちが新鮮な『ひこぼしをみあげて』(瀧羽 麻子)

期待していた頻出作家の今月発売の本だ

 

桜蔭の出題者に選んで欲しい3冊」で、

12月にも再度この本を取り上げる予定。

 

『たまねぎとはちみつ』も出題実績アリ

なんだが、その続編にあたるのが今作だ。

 

前作を知らなくても全く問題はない感じ。

平易だった前作より難度は上がってるが、

中学受験レベルとしては標準だといえる。

 

重要なのは使えそうな箇所が多すぎる点

 

写真のプラネタリウムの後の場面だとか、

3年生の意外な一面に気づく場面だとか、

合宿の夜の天体観測のエピソードだとか。

 

ここに挙げたのなんてほんの一部ですわ。

最近出た本の中では最注目の一つだろう。

 

俺のブックレビューはこんな風に始まる。

 

主人公は入学式で仲良くなった子がいるというだけの理由で天文部に入った中学生。くよくよ悩みがちな彼女は、クラブの暖かい雰囲気に安心する一方で、周囲と自分の星への熱意の違いにどこか居心地の悪さを感じてしまうのですが・・・

 

bookmeter.com

 

『ひこぼしをみあげて』(瀧羽麻子/偕成社

 

受験史に残る事件を描く『予備校のいちばん長い日』(向井 湘吾)

駿台河合塾も解答速報が出せない!1998年の東大入試で実際に起きた「受験史に残る事件」を題材にした創作です。主人公は大手への対抗心に燃える数学講師。塾生想いの彼女が、弱小予備校の東大コースの存続をかけて、受験史上最大の難問に挑みます。

 

『予備校のいちばん長い日』|感想・レビュー・試し読み - 読書メーター 

 

以上はオレのブックレビューの前半部分。

6月発売だが入試素材向きではない感じ

 

中学入試とはあんまし関係なさそうだが

難解な問題文を平易に読み解く箇所とか

参考になりそうな部分はあったけどな?

 

こんな言葉も覚えておいてよさそうだし。

 

受験において「奇跡」というのは最後の一押しをしてくれるだけだ。(本文より)

 

まぁ、史実としても興味深かったりする。

 

超難問に歯が立たない予備校の講師陣が、

海外の大学などへ助けを求める様子とか、

ネットで見ると色々面白い情報があるよ。

 

examist.jp

 

『予備校のいちばん長い日』(向井 湘吾/小学館

 

国語出典予想ベスト50【2023年入試向け最終版】

前回以降に追加した14作品
 

8月から出してるリストのこれが最終版。

ランキングの上の方は順位の変更ナシだ。

 

繰り返すが俺の独断と偏見の塊なもんで、

間違ってこれを元にして買わないように。

 

あと作問者が検索で辿り着くかもだけど

俺のブログは1日20アクセスだからね。

 

20人の親読者がいるとしてその子供が

リストの本を読む確率は1/3未満だろ。

その読んだ子が受験に来る確率はほぼ0。

 

つまりここに出てるからと使用を控える

必要なんてこれっぽっちもないってこと。

 

むしろ積極的に選んで欲しいぐらいだわ。

ここに挙げたのはいい本ばかりだからよ。

 

【 お勧めの過去記事 】

模試に出る作品は当てられる

志望校で出る作品は当てられない

彼らは『飛ぶ教室』を見ている

入試問題の難易度を学校別・科目別に偏差値化する(算数・国語編)

2月1日の奇跡 ~或るサピックス生のあゆみ~

心に御守りをたずさえて ~或る日能研女子の復活劇~

涙をチカラに変えて ~或る早稲アカ女子の疾走~

じんわり癒される読書『本が紡いだ五つの奇跡』(森沢 明夫)

開成『おいしくて泣くとき』を出題し、

俄かに注目が集まってそうな作家の本だ。

開成は他校の先生も意識するだろうから。

 

この本が発売されたのは2021年9月。

 

始めの方はお仕事小説だが、だんだんと

家族小説の色が濃くなっていくんだわ~。

 

特に最後の章の父子の対話シーンなんか

感情のゆらぎが素材にしやすそうな印象。

 

入試に出るとか関係なしに純粋に楽しく

癒される本なんでかなりお勧めしたいわ。

 

ま、小学生には難しい作品なんだけどな。

 

俺のレビューの書き出し部分はコレだわ。

 

人生崖っぷちの編集者や作家らが死にもの狂いで出版にこぎつけた一冊の本をめぐる連作短編集。それぞれに苦悩を抱えた5人の主人公たちが、本や人との出逢いを通して救いを得るというストーリーがあったかいです。

 

bookmeter.com

 

『本が紡いだ五つの奇跡』(森沢明夫/講談社

 

歴史探索にワクワクできる『皆のあらばしり』(乗代 雄介)

『旅する練習』が今年の早実で使われた

乗代雄介の2021年12月発売の作品。

受賞はなかったが芥川賞候補だった本だ。

 

うさん臭い男に声をかけられた高校生が

やがて男の面白すぎる生き方に惹かれて

生き方までも変えていくってストーリー。

 

おっさんと少年の会話シーンばかりだし

出題に使えそうな場面は多くないんだが

展開に意外感があって俺は気に入ったわ。

 

これが俺の感想からの部分的引用ですわ。

 

歴史研究部の高2男子が、驚くほど博識な男に誘われて、幻の古文書探しに巻き込まれていきます。はじめは仕方なしに協力していた彼ですが、いたずら心あふれる男とのやりとりで本格的な史料探しの面白さに目覚めていくのでした。

 

『皆のあらばしり』(乗代雄介/新潮社)

 

まだある出題に使えそうな『飛ぶ教室』掲載作品

『飛ぶ教室』は季刊の児童文学雑誌だわ。

ほど良い長さの短編がいくつか掲載され、

割と出題実績もあるんでチェックしてる。

 

2023年受験組には67号~70号が

狙い目っぽいんで使えそうなのを選んで

ザックリあらすじを書いてみたのが以下。

 

2021/10/25発行の『飛ぶ教室』67号より

『可哀想なトマト』(二宮 敦人)

離婚を進めようとする親たちに納得いかない女子中学生が主人公。家にいるのが嫌で、八百屋さんの手伝いに通いつめる彼女が、そこで出会った「ちょっと変わっているけど優しい人たち」との交流の中で気づきを得ていきます。 

 

2022/1/25発行の『飛ぶ教室』68号より

『居残りの彼女』(津村 記久子)

主人公は女子グループ内のいざこざに疲れている小学4年生。もっと毅然としていたいと思う彼女が、自分と同じ居残り授業に堂々と来ている6年生の少女に出会い、親しくするなかで、自分らしくあるための勇気をもらいます。 

 

2022/4/25発行の『飛ぶ教室』69号より

『記憶のなかの美しい雨』(伊吹 有喜)

体は男として成長していく一方で、心が置き去りになっている少年が主人公。自分の在り方に確固たるものがないまま苦悩する彼が、疎遠だった祖母の率いる一座の最後の公演に招かれ、運命の変えるような“とびきりの体験”をします。

 

70号は有賀拓郎佐藤いつ子の作品が

面白かったが出題には向いてなさそうだ。 

 

これ以外にも稲垣栄洋の短編エッセイや

いとうみくの『雨のにおい』が69号に、

古内一絵濱野京子も68号に出てるし

気になるのはまだあるが、挙げていくと

きりがないんで、この辺にしときますわ。

 

論説文でおなじみの先生による短編エッセイ(69号掲載)