中学受験と児童書と

「中学受験」と「児童書」について真面目に考え、気楽に吐き出す

【本気レポート】入試問題の難易度を学校別・科目別に偏差値化する(算数・国語編)

日能研オン・ザ・ロードの資料『学校別・分野別難易度一覧』の2年分を集計して書いた記事が人気なので、改良版を作成してみました。変更点は、多く出た分野のウエイトを重くしたうえで、難易度を偏差値化した点です。ランキングの作成方法は末尾に書いたので、関心がある方は試してみて下さい。

 

 

以上が算数の難易度ベスト100。難関校でも問題の難易度偏差値が低い学校はありますが、このパターンはミスが許されない熾烈な高得点勝負になるのであって、決して楽に合格できるわけではないという点には注意が必要です。

 

とはいえ、基本ができるのに応用に難があるような子は、難易度偏差値が低めの学校を選んだ方が合格しやすそうです

 

例えば算数の応用分野が弱い男子の場合、早稲田・駒場東邦・海城より市川・浅野が、女子なら洗足・鴎友・白百合より頌栄・吉祥女子が勝負しやすいように見受けられます。

 

 

以上が国語の難易度ベスト100。国語の特徴は、難関校でも点の取りやすい学校が意外に多いことです。

 

100位までしか掲載していませんが、圏外には浦和明の星女子白百合学園明大明治学習院などの名門校も並びます。これらの学校は国語で稼ぐタイプは差をつけられずに苦戦する可能性もあります

 

算国の成績に偏りがある場合には、以下の表が参考になるかもしれません。女子は算数が苦手でもどうにかなりそうな学校が明らかに多いですね。横浜雙葉日本女子大附属山脇と田園調布学園、あるいは暁星のように同じ偏差値帯でも逆の傾向のある例があって興味深いです。

 

 

全体を見渡して面白いと感じたのが女子学院。問題の難易度偏差値が算数50.1、国語52.0ということは、基礎がしっかりできていてミスをしない子ならある程度は得点できそうです。雙葉(算55.0、国54.9)も御三家の割に難問は少ないようですね。どちらも熾烈な高得点勝負だったのでしょう。

 

逆に、豊島岡女子学園(算65.8、国64.3)は算国ともに応用力が強くないと歯がたたないようです。

 

基礎力十分ならいい勝負ができそうな難関校は、東京農大第一(算42.0、国45.0)、東洋英和(算42.9、国43.3)、法政大学第二(算43.9、国42.9)、鎌倉学園(算46.5、国44.8)、国学院久我山(算41.5、国41.4)など。

 

2021年と2022年の入試結果だけで集計しているので、大きな流れを捉えているわけではなく、2023年以降もこの通りになる保証はないという点には注意してください

 

また、国語については疑問の残る難易度評価が結構ある気がしています。算国の難易度が今回作成した表と入試結果とで逆転しているケースも考えられますので、興味を持った学校については必ず結果資料を確認するようにお願いします。

 

【本気レポート】2月1日の奇跡 ~或るサピックス生のあゆみ~

【本気レポート】心に御守りをたずさえて ~或る日能研女子の復活劇~

【本気レポート】涙をチカラに変えて ~或る早稲アカ女子の疾走~

 

※ランキングの作成方法について

日能研『学校別・分野別難易度一覧』では、その学校で出題のあった各分野について難度の平均をA~Cに分類している。Aは日能研生の6~7割が正解できる、Bは3~4割が正解できる、Cは3割以下が正解できるという定義であり、比較的多く出題された分野は太字で表記されている。

計算にあたっては、分野ごとの比重は均等として、太字箇所は2倍のウエイトとしたうえで、得点率をA=65%、B=35%、C=20%と仮定して、合計得点を求めた。得点を偏差値化する方法はコチラ

2年連続で掲載があったのは算数123校、国語119校。筑駒、香蘭、桐蔭、広尾は国語が非掲載だったので算数のみ集計した。1年分のみ掲載だった桐朋、フェリス、都市大等々力、恵泉等は平均が取れないので集計対象外とした。早大学院等は2年とも掲載されていなかった。

なお、四谷大塚偏差値は共学の場合、女子の80%偏差値を使用している

 

浅野の国語の得点率は (65%×3+35%×3+20%×2)/ 8 で計算

 

多様な価値観に触れられる『空と大地に出会う夏』(濱野 京子)

割と出題実績のある作家の注目の新作だ。

 

合理的じゃないことが嫌いだった少年が

多様な価値観を受け入れられるまでの話。

 

変わった友達との交流が少年の気持ちに

どう影響していくのかがポイントだろう。

 

難しくはないので、どのレベルの学校で

入試素材になってもおかしくなさそうだ

 

以下は俺のレビューの書き出し部分だわ。

 

理屈っぽい小6男子が主人公。気持ちを表すのが苦手な彼が、うるさいくらいに自己主張する女子や、元クラスメイトの不登校男子らとともに、ひと夏の時間を共有します。

 

bookmeter.com

 

『空と大地に出会う夏』(濱野 京子/くもん出版

 

音楽が心をつなぐとき『トーキングドラム 心ゆさぶるわたしたちのリズム』(佐藤 まどか)

そこそこ入試に出る作家の7月発売の本。

両親や兄弟の仲が悪くて家が戦場みたい

という少女が居場所を作っていく物語だ。

 

出題されそうな本の中ではかなり易しい

普通の小5なら十分読めそうな印象だわ。

出すとしたら中堅校から準難関校までか。

 

俺のレビューの書き出しはこんなですわ。

 

クラスで孤立しがちな小6女子が主人公。家にも居場所がなく投げやりだった彼女が、それぞれに抱えるもののある5・6年生たちと一緒に打楽器作りに挑戦し、”気持ちを伝える演奏”のために協力し合います。

 

bookmeter.com

 

トーキングドラム 心ゆさぶるわたしたちのリズム』(佐藤まどか/PHP研究所

 

さまよう少女たち『パパイヤ・ママイヤ』(乗代 雄介)

「わたしその時に、一番に愛される期待なんてしないって決めたの」(本文より)

 

2022年入試でもかなり的中があった

鉄人会の出題予想作品なんで読んでみた。

 

親のせいで大変な生活を強いられてきた

少女の新奇な夏の過ごし方が描かれてる。

 

登場人物目線ではハッピーになるんだが

読んでる方としては引っ掛かるところも。

 

親ガチャのせいだとはいえ、大切な夏を

無為に過ごしてしまってる面もあるから。

 

成長したり友情が深まったりというのは

ちゃんと描かれてるからいいんだけどな。

 

俺のレビューのはじめの方はこんな感じ。

 

酒に溺れる父が嫌いなパパイヤ、海外暮らしの奔放な母が嫌いなママイヤ。ともに深刻な悩みを抱える二人の少女が、漂着物の散らかる木更津の干潟で特別な時間を重ねます。世間が思う17歳の夏からはかけ離れた主人公たちの過ごし方が私には衝撃でした。

 

bookmeter.com

『パパイヤ・ママイヤ』(乗代 雄介/小学館

 

理想に燃える教師像『空にピース』(藤岡 陽子)

『金の角持つ子どもたち』で注目された

藤岡陽子の2022年2月発売の新作だ。

 

一言で言っちまうと6年の担任になった

若い女教師が荒れた学校で奮闘する物語。

 

困り感のある子をマンツーマン対応とか、

現役教師が読んだら、大変な教育職場で

こんなマネできるか!とか怒りだすかも。

 

ま、面白くて目が離せない部分も多いわ

ミステリ要素もちょっと入ってたりして。

 

興味深かったのはクラス分けのカラクリ。

 

勉強・運動を出来る、普通、苦手に分け、

どの組も能力が均等になるよう先生達が

話し合いながら配分してくんだってな?

 

もう一点、外国人の子の1/3は就学の

実態が不明って話もかなり衝撃だったわ。

 

俺のレビューの最初の方はこんな感じだ。

 

困っている子は放っておけないという熱血先生が主人公。教師の立場を超えることも厭わない彼女が、問題だらけの学校に赴任して、厳しすぎる現実に直面します。

 

bookmeter.com

『空にピース』(藤岡 陽子/幻冬舎

 

その思い出は宝物『すこしずつの親友』(森埜 こみち)

自分の時間を自由に使い、行ってみたいと思うところに行けるというのはなんて素敵なことなのだろう。それが大人になるということならば、わたしは早く大人になりたい。(本文より)

 

デビュー作が鴎友学園、2作目も入試で

使われた森埜こみちの6月発売の新作だ。

 

一言で言うと少女が伯母からさまざまな

旅行体験を聞いて心を動かされる話だわ。

 

ほんの些細なことでも気持ちは通い合う。

わずかな時間だって友情ははぐくまれる。

 

そんなエピソードの数々を聞いた少女に

どんな心境の変化が生まれるかに注目だ。

 

俺のレビューの前半はこんな感じですわ。

 

親友の作り方を知りたがる少女に、伯母が旅先で出会った人々との思い出を語って聞かせるストーリー。そこで披露されたのは、ふとした瞬間に心が通じ合った宝物のような記憶の数々でした。

 

bookmeter.com

 

『すこしずつの親友』(森埜 こみち/講談社

 

しずかちゃんの言葉がけ『プレジデントFamily 2022年春号』(プレジデント社)

『新受験に強い子になる』という特集が

組まれてたプレファミのバックナンバー。

一番惹かれた記事は親の4つの心得だな。

 

声かけを変えてみようというくだりでは、

しずかちゃんを見習いたいと謳っててよ、

それが思わず膝を打つような話なんだわ。

 

彼女(しずかちゃん)はアサーティブな言葉がけの天才です。誰の提案に対しても、必ずといっていいほど最初に「いいわね」「すてきね」と声をかけます。そのうえでしっかりと「でも、残念だけど・・」と本音を伝えます。(本文より)

 

優しい言葉でワンクッション置くことで

子どもは受け止めて貰えたと感じられる

こうした小さな積み重ねがジワジワ効く。

 

この、しずかちゃんタイプの受け答えは

対人関係全般で活きるスキルだろうな?

 

『プレジデントFamily2022年春号』(プレシデント社)より